緑茶カテキンが中性脂肪を減らす効果あり!

緑茶体の脂肪量が多いと悩んでいる人は太っているからといった見た目だけの理由ではありません。
見た目には太っていなくても血液検査で高血脂症やコレステロール値の高さを指摘されているという場合もあり、太っていないから安心ということではないのです。

この高血脂症やコレステロール値が高くなる原因となる中性脂肪が多いと今は問題なかったとしても、いずれ動脈硬化や脳梗塞、心筋梗塞といった深刻な病状の可能性も出てきます。
これらの改善をするためには食生活の見直しが重要ですが、中でも飲み物は取り入れやすいので試してみる価値はあるでしょう。

そこでおすすめしたいのは中性脂肪対策の一つとしてトクホ(特定保健用食品)にも利用されている「カテキン」です。
最近では多くの商品を見かけるようになりました。

普段から緑茶をよく飲んでいるという人の場合、無意識に摂取しているこのカテキンですが、中性脂肪を減らしたいという人にとってはとても有効な成分になります。
この茶カテキンは中性脂肪に対してどのような働きをしてくれるのか、そして他にも飲む事で得られるメリットなどをご紹介していきましょう。

カテキンってどのような成分?

カテキン緑茶を飲んで、ちょっと濃い目に入れてしまったという時に渋いなと感じますよね。
この渋み成分が「カテキン」です。

タンニンとも呼ばれており、ポリフェノールの仲間になります。
お茶が体に良いといわれているのはこの茶カテキンが注目されているからです。

お茶には緑茶や紅茶、ウーロン茶と色々とありますが、茶カテキンを摂取したいという目的であればその中でも緑茶がおすすめです。

茶カテキンは茶葉の発酵をする事で減ってしまいます。
紅茶は発酵させていますし、ウーロン茶は半発酵させているお茶です。
しかし緑茶は発酵させていないために茶カテキンが他のお茶に比べて多く含まれています。

茶カテキンの脂肪燃焼作用

脂肪燃焼普段、食事の時に摂取した脂肪分は肝臓で分解され、燃焼する事で消費します。
ですが、脂肪量が多いと分解しきれないまま血液中に脂肪分が含まれる状態で体を巡る事になります。

脂肪分を分解して消費する役割のあるβ酸化関連酵素の働きを茶カテキンがサポートする事で脂肪分の分解、燃焼をより多く出来るようにはたらきかける効果があります。

脂肪の吸収を阻害するカテキンも

お医者さんまた、お茶で有名な伊藤園が注目しているカテキンは「ガレート型カテキン」です。
カテキンには細かく分類すると8種類ありますが、大まかに分類するなら

  • ガレート型カテキン
  • 遊離型カテキン

の2種類に大きく分ける事が出来ます。

このガレート型カテキンには脂肪を分解するリパーゼという酵素を働きを抑える働きがあります。
この働きにより脂肪が吸収されずに排出されることになるので、中性脂肪やコレステロールを下げる事にもつながっていきます。

そのため伊藤園ではガレート型カテキンに注目したカテキン茶の商品を販売しており、トクホ(特定保健用食品)にも指定されています。

茶カテキンを効率よく摂取するためには?

お茶はたまに飲むよりは継続的に普段から飲む習慣をつけたほうが良いといわれています。
煎茶を入れる時のポイントとしてはお茶を入れる時の温度です。

目安としては80度以上のお湯で入れたほうが効果的にカテキンが抽出しやすくなるといわれています。
中には「熱いのが苦手だから」といった理由でぬるめのお湯でお茶を入れて飲む方もいらっしゃいますが、これでは充分なカテキンが抽出されず、もったいないことをしていることになります。

熱いお湯で入れた緑茶を日ごろから飲む習慣をつけましょう。

また、緑茶といえども色々な種類があります。

  • 新茶の場合はカテキン(渋み)が少ない
  • 深蒸し茶は抽出しやすい状態になっているので比較的短めの抽出時間でも出やすい
  • 玉露茶の場合は低温抽出したほうがおいしく飲めるという点からカテキンの量は期待できない
  • 夏場に飲む機会のある水出しタイプの緑茶は香りもよくすっきりとしたお茶になりますが、こちらも水出しのため、カテキンの抽出量は期待できない

(注:低温抽出の場合、エピガロカテキンガレートとエピガロカテキンが抽出されます。
これらのカテキンは抗酸化作用も高く、免疫力UPも期待できるといった別のメリットがあります。)

これらの特徴を考えると普通の煎茶タイプのものを選んで熱いお湯で入れる方法が一番、抽出しやすいという事になります。

カテキン自体が渋みなのでやや渋めのお茶になりますが、中性脂肪対策が目当ての場合は積極的に渋みの強いお茶を飲むというのが有効になります。

毎日、お茶を飲む習慣を

緑茶に含まれるカテキンは色々な働きをしてくれる事が分かりました。
日常的に続けて飲む事でカテキンの効果も発揮しやすくなります。
毎日常備して飲む習慣をつけたほうが中性脂肪の対策として効果が出やすく、時折飲むよりも渋みに慣れやすくなります。

一般的にお茶を1日に2、3杯ほど飲むのが通常だと思いますが、お茶を良く飲む静岡県の方々は他県に比べとても飲む頻度が高く、毎日10杯ぐらい飲むとも言われています。

厚生労働省「平成21年地域保健医療基礎統計」の生活習慣病 都道府県ランキングによると静岡県は
糖尿病 33位
高血圧性疾患 23位
脳血管疾患 40位
脳梗塞 40位
という事で他の県に比べると生活習慣病の確率も低い事が分かっています。

まずは水分補給感覚で毎日飲む習慣をつけてみましょう。