生薬甘草成分が内臓脂肪の炎症を抑制する効果があると研究で判明

漢方薬科学技術振興機構(JST)によると、
富山大学 大学院医学薬学研究部(医学) 免疫バイオ・創薬探索研究講座(富山県寄附講座)の渡邉康春客員助教らの研究グループが漢方薬に含まれる生薬甘草の成分「イソリクイリチゲニン」(ILG)が脂肪細胞などに作用し、内臓脂肪の炎症および線維化を抑制することを発見したと発表しています。
(2016年3月15日発表、3月16日掲載マイナビニュースより抜粋)

内臓脂肪が炎症を起こす?

薬膳茶このニュースを読んで「内臓脂肪って炎症を起こすものだったのか」と知らなかった人は多いと思います。
なんとなく内臓脂肪は多くないほうが良いと思っている程度で考えてしまいがちです。

内臓脂肪が増えてくる事でマクロファージが増えてきますが、このマクロファージの影響で内臓脂肪が線維化してしまうことが分かっています。

内臓脂肪が炎症を起こすようになり、脂肪細胞の線維化がもとでインスリン抵抗性が出るために糖尿病のリスクが上がってしまうと考えられているのです。

他にも内臓脂肪が増えてくるとその影響で体がストレスを感じるようになります。
本来は内臓脂肪が出来ると善玉アディポサイトカインが満腹中枢を利用して食べ過ぎないように命令をするのですが、それでも食べたりしていると満腹中枢自体がしっかりと機能しなくなり、肥満が進み、悪玉アディポサイトカインが複数の種類、出てくるようになります。

この悪玉アディポサイトカインは炎症性のサイトカインとなり、血液中に流れていき、動脈硬化にも関係してくるのでやはり内臓脂肪の増加は生活習慣病のリスクが高くなるのです。

甘草に含まれるイソリクイリチゲニン(ILG)は炎症の元となるNLRP3インフラマソームの活性化を阻害してマウスのメタボリックシンドロームの状態を改善させるとこれまでに報告しています。
ILGの効果としては炎症性サイトカインや脂肪細胞から作られるケモカインが出ることを抑え、脂肪細胞やマクロファージの活性化も抑えることで抗炎症作用があるという事が分かりました。
他にもILGを与えたマウスは高脂肪食を与えても脂肪細胞の線維化が抑えられた結果も出ています。
つまりILGの効果を利用してメタボリックシンドローム対策の治療薬を作れる可能性もあるという事です。

甘草とはどのような生薬なのでしょうか?

お医者さん50cm前後ぐらいに成長するマメ科の多年草です。
生薬や漢方の世界では根の部分を乾燥して使用します。
別名はリコリスと呼ばれ様々な薬効がある事で知られています。

そんな様々な薬効の中でも有名なのは咳止め効果です。
グリチルリチンという成分が抗ウイルス作用があることが分かり、以前、新型肺炎SARSにも効果があると新聞に掲載された事もありまいた。
他にも肝障害の改善をしたり、潰瘍に対する抑制効果、解毒作用、抗アレルギー作用などに効果があります。

メタボリックシンドロームを自力で脱する努力を

今回登場した甘草(リコリス)に関しては注意点があります。

甘草(リコリス)は名前のとおり甘味成分の強いグリチルリチンがあります。
ハーブティーなどを扱うショップなどで「リコリスティー」としても販売されているので他のハーブとブレンドして楽しむ事も可能です。

ここまで読んでいると飲んでみようかなと思うかもしれませんが、疾患によっては摂取を控えたほうが良いという場合があります。
リコリスの摂取を控えたほうがよい場合とは高血圧、糖尿病、腎臓疾患を抱えている方、妊娠中の方などが該当します。

内臓脂肪が多くなり既に糖尿病や高血圧をわずらっている人にとっては摂取はしないほうが良い生薬になりますので気をつけてください。
また、摂取量が多くなると血圧が上がったりむくみを起こす原因にもなりますので少量の摂取にとどめるようにしたほうがよいでしょう。

検診の結果などで内臓脂肪が増えてきているのを知った場合、早めに対応を、生薬による改善を計ることはとても重要です。

しかし、現段階において問題もひとつあります。

本来、今回の発表された内容を元に早めにイソリクイリチゲニン(ILG)を活用した治療薬が出来ればその薬を服用するという方法で簡単に治療ができそうですが、実際に治療薬として完成するには年月がかかるのが現状です。

残念ではありますが、現段階においてはやはりその前に自分で食生活、生活習慣を改善する努力をしたほうが良いみたいです。

さらに運動なども組み合わせて効率よく内臓脂肪を減らす努力をしてみましょう。