ファスティング(断食)で中性脂肪が下がるって本当?

断食ダイエットをする際には効果が出やすいものが注目されます。
その方法の一つに最近ではファスティング、「断食」があります。

実際には本格的なファスティングではなく、酵素ドリンクなどを使用して3日間、集中する方法や、1日の1食を酵素ドリンクで置き換える「プチ断食」などが多く実践されているようです。

集中して3日間、置き換えをする事で体重も3kg前後落ちたという話もありますし、1食置き換える方法も時間をかけて効果が出たという話をネットや知人を介して聞いた事があるのではないでしょうか。
実際に自分自身がファスティングに挑戦して体重が落ちた、という方もいらっしゃるでしょう。

体重を落とす目的でファスティングを実践している方も多いようですが、同じように「中性脂肪も一緒に下がるのだろうか?」と期待してしまう人もいるようです。

実際のところ、中性脂肪に関してはどうなのでしょうか。
今回はファスティングをする事で中性脂肪は下がるのか?という点について考えてみようと思います。

他のリスクを伴います

OL / woman having stomachache in the office with suitファスティング道場やファスティングをおすすめする話などを見ていると、断食をしているときに脂肪が分解されてエネルギーとして使われているからという考えが元になっていることがわかります。

確かに体重自体が減るかもしれませんがファスティングした際の一時的な結果という可能性も捨て切れません。
ファスティングは本格的なものでも2、3日が目安となっています。

また、ためしてガッテンでも以前、放送された事があるのですが、ファスティングを実践して体重、中性脂肪は下がったものの、逆に体が酸性になる元となるケトン体の量が増えている事もわかっています。

ケトン体は体のエネルギー源(ブドウ糖など)が不足した時に体の脂肪分を分解して出来ます。
このケトン体が糖分の代わりとして脳に運ばれたりするのです。
ケトン体が出ているという事は脂肪が分解されている結果だとわかりやすいのかもしれませんが、その反面、危険性もあります。

ケトン体が増えすぎる事で場合によっては判断、対応がはっきりしないという意識障害を起こしたり、突然倒れてこん睡状態になる可能性もあるという事を覚えておいたほうが良いでしょう。
体調面で悪い影響が出る可能性があることを考えると、ケトン体の量が増えてしまう事はあまり歓迎できません。

状況によっては逆効果になる事も

siboukan001ファスティングを実践している時、皆さんはどのような状態で挑んでいますか?
「何日か頑張れば終わる」というように耐えているのではないでしょうか。
このような心理状態だと体には無意識にストレスがかかっていることが考えられます。

体はストレスを受けるようになるとコルチゾールというホルモンを分泌します。
コルチゾールはストレスに対抗しようとして糖を脳の方に送るようになっていきます。
この働きにより血糖値が上がりやすくなるのです。

中性脂肪は血糖値の上昇やコルチゾールの量が多くなる事でも増える傾向があります。
この事から、あまり無理な断食をする事でストレスがかかるようになると逆に中性脂肪がついてしまう可能性があるという事を覚えておきましょう。

よくダイエットをしているのにあまり痩せない、効果が無かったという例や、食事の量が多くないのに体重が気になるという人はこのようなストレスが原因となっている事もあるのです。

極端なファスティングは肝臓への負担も

お医者さんファスティングをする事に慣れている人で注意したいのは頻度が多い場合です。
脂肪肝の恐れがあるためです。

中性脂肪というのは本来、たんぱく質と結合する方法で血液中に流れ込み、必要に応じてエネルギーとして使われます。
ですが、ファスティングをしている人の場合、ダイエット中の食事でもよく注意される「たんぱく質を充分に摂る」という事が出来ない場合が多くみられます。

置き換えで利用されている酵素飲料もたんぱく質は多く含まれてはいません。
すると脂肪分は結合するたんぱく質がないので血液中に流れる事もなく、そのまま肝臓にとどまる事になります。

この状況を何回も繰り返す事で脂肪肝になってしまう例があるということです。
中性脂肪が減らせると思って行ったファスティングで逆効果になってしまうというのも避けたいものです。

極端なダイエット、そしてファスティングをする事で非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)を発症してしまうという場合もありますので、中性脂肪を減らす目的でのファスティングは検討しないほうが良いでしょう。

出来れば食事を気をつける方向で

断食はやり方によっては体に負担がかかる可能性もありますので、中性脂肪を減らす目的では考えないほうが良いでしょう。
理想としては

  • 脂っこいものは控える
  • 満腹になるまで食べない
  • 中性脂肪を下げる効果のある食品を選ぶ

これらに注意して食事でコントロールしていくことが効果的です。
また、既に医師の元で薬を処方してもらっている方(治療中の方)は独自の判断での断食は行わないようにして下さい。

必ず、医師に内容なども含め相談をしてからというのが前提ですので注意して下さい。
そして、無理のかからない、食事改善を中心とした生活パターンで中性脂肪の改善をしていくようにしましょう。

ファスティング(断食)で中性脂肪が下がるって本当? はコメントを受け付けていません。 中性脂肪を下げる方法