痩せているのに中性脂肪が原因は?痩せメタボを防ぐ方法を紹介!

血液検査メタボという言葉を聞くとどうしても「太ってしまっている人」を想像してしまいますよね。
確かに見た目にも太っている人はメタボ検診でも引っかかる数値が多かったり、不規則な食事、飲酒量の多さ、運動不足など、生活面では改善したほうが良い部分が多く見受けられます。

その一方、元々太りにくいという体質なのか、見た目にはスリムでメタボの心配が全くなさそうな人というのもいらっしゃいます。
ですが、一見、痩せているから関係ないだろうという人でも中性脂肪に注意しなくてはいけません。

40歳になるのを境に通常の健康診断に加え特定検診を受けるようになります。
これは別名、メタボ検診と呼ばれ、保険に加入している40歳以降の人は義務つけられています。
この特定検診の結果、見た目は痩せているのに中性脂肪値、コレステロール値などを含めてメタボ判定を受けてしまったという例があるのです。

今回はどのような状態だと痩せているのにメタボといった判定を受けてしまうのか、見てみましょう。

特定検診の結果をまず見てみましょう

ウェストサイズお腹周りのサイズ
まず、メタボ判定の基準のひとつがお腹周りです。
全体的にやせて見える体型でもお腹周りが男性の場合85cm以上だった場合はまず一つ目の基準に当てはまると考えて下さい。
女性の場合は90cmになります。
この検診で測定するお腹周りはウエスト部分ではなく、お腹の一番出ている部分を測定するという方法です。

そして、お腹周りの基準を超えるサイズだった場合、更に血圧、血糖、高血脂の中の2つが当てはまるようであればメタボ判定をされるという基準になります。

高血圧
収縮期血圧(最高血圧)130mmHg以上、または拡張期血圧(最低血圧)85mmHg以上

高血糖
空腹時の血糖値を測定します。
血糖値が100mg/dl以上だった場合、もしくはHbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)が5.2%以上
だった場合

脂質代謝異常
HDLコレステロール(善玉) 40mg/dl未満、もしくは中性脂肪値(TG)150mg/dl以上

見た目が痩せていてもお腹だけがぽっこり出ている、そして血圧、血糖、高血脂のいずれかが当てはまっているとメタボだと判定されるため、この検査をする事で実は自分がメタボの分類に入っているという事がわかる方もいます。
またその逆の例として見た目には太っているのだけど、血圧、血糖、高血脂は問題がないという人もいますので、実際に検診を受けてみないとわからないという事も多いという事になります。

見た目で油断している事が多いです

食べ過ぎこのように見た目は痩せているのにメタボの判定を受けている人の場合、「自分は特にまだ対策する必要がない」と安心してしまってこれまでに生活面で気を使うことがなかったという例が多くなります。
メタボ判定を受けてしまう原因としては以下のような生活傾向が当てはまる事が多いです。

 

 

  • ついつい食べ過ぎてしまう
  • お酒をよく飲み、あまり量について気をつけることはない、飲みすぎることも多い
  • 揚げ物など脂っこい食べ物を好んで食べている
  • 自炊などの食事よりも外食が多い
  • 弁当、お惣菜、冷凍食品などの加工食品を食べる事が多い
  • お菓子などを好んで食べている
  • 不規則な生活が続いている
  • 運動する時間が取れない、もしくは運動が苦手

などがあります。
これらの生活習慣で消費しきれないエネルギーを脂肪に変えて蓄積していくという状態が続いてしまうのです。

中性脂肪が高くなる別の原因も

お医者さん中には先ほどご紹介した原因に当てはまらないという人でも中性脂肪が高いという結果になる方もいらっしゃいます。

遺伝性の疾患
コレステロールの代謝に関係しているLDL受容体関連遺伝子に変異があったためにコレステロールの代謝異常がおき、遺伝性の家族性高コレステロール血症だった場合、LDLコレステロールが多くなってしまい、中性脂肪も一緒に多くなる事が多くなります。

他の疾患治療が原因する場合
糖尿病や甲状腺の疾患、肝臓や腎臓の疾患になった事がきっかけで行った治療が原因になり中性脂肪値が増える事もあります。
利尿剤やステロイドホルモン系の薬を服用する事で中性脂肪値に影響する事が多いので、これらの薬を処方される場合は念のため経過と共に中性脂肪値などを測定してもらったほうが良いでしょう。

痩せメタボを改善する3つのポイント

中性脂肪値を上げないようにする心がけはたくさんありますが、まず実践してほしいのは大きく分けて3つです。

  • 脂っこい食事を避ける
  • 満腹になるまで食べない
  • 適度な運動でエネルギーを消費

具体的には食事では洋食より和食にすると上手に油脂量を減らせます。

同時に腹八分目でやめるようにしましょう。
よく噛んで食べると時間もかかり満腹になりやすいです。

運動に関しては激しい運動でなく、歩く時間を増やしたり、ストレッチをしたり、電車では立っている、階段を使うなど、体に無理のかからないところから体を動かす意識をしてみましょう。

放置するのは危険です

中性脂肪値が高いという結果をもらっても実際にはこれといった症状がないためになかなか食事内容の改善が出来ないという人もいますが、中性脂肪値が高めのまま放置する事で血管では動脈硬化が進んでいき、柔軟な血管を維持できなくなります。
やがて進行した動脈硬化の箇所に血栓などがつまり、ある日突然心筋梗塞や脳梗塞といった命にも関わる病気を発症する可能性もあるのです。

危険な病気の元となる動脈硬化を進行させないためにも食事などを見直して生活習慣の改善をしましょう。

痩せているのに中性脂肪が原因は?痩せメタボを防ぐ方法を紹介! はコメントを受け付けていません。 中性脂肪が原因の病気