中性脂肪を下げるお茶や飲み物まとめ!トクホの効果って実際どのくらい?

中性脂肪が高い原因は、飲み物かもしれない中性脂肪を下げる飲み物と言われてよくスーパーやコンビニエンスストアで目にするものがお茶ですよね。

基本的にお茶に含まれるカテキンポリフェノールが中性脂肪値を下げる効果があります。

今回は中性脂肪対策におすすめのお茶や、飲み物と、どうして中性脂肪の減少に役立つのかそのメカニズムをくわしく解説します。

中性脂肪を下げるなら、とりあえずお茶

お茶は色々ありますが、中性脂肪に効果のあるお茶は限られてきます。

じゃあどのお茶を飲めばいいの?ということをここで解説していきます。

お茶(緑茶)

中性脂肪を下げるなら、とりあえずお茶

緑茶には脂肪の吸収をおさえるカテキンが多く含まれています。

カテキンは血圧やコレステロール値、そして血糖値の上昇をゆるやかにする作用もあり、中性脂肪の減少に役立ちます。

さらに、カテキンは強い抗酸化作用も持っており、免疫力を高める作用も期待できます。

ウーロン茶

烏龍茶には「重合ポリフェノール」というポリフェノールが豊富に含まれています。

そもそもウーロン茶は茶葉の発酵を途中でストップした半発酵のお茶。

これにより完全に乾燥させた煎茶にはない、烏龍茶特有のポリフェノールを含んでいるのです。

このポリフェノールを「重合ポリフェノール」と言い、食事の脂質の吸収を抑制する作用を持っています。

紅茶

免疫力を高めるカテキンのほか、脂肪吸収を抑制する紅茶ポリフェノールが多く含まれています。

そもそも紅茶と緑茶は、実は同じ茶葉が原料であることを知っていますか?

緑茶との違いは、一定の温度と湿度の環境で茶葉を発酵させていること。

発酵後乾燥させることで、紅茶のあの独特の香りの良さが生まれています。

この茶葉を揉みこんで発酵させる過程で、茶葉にはたくさんの傷がついてそこからポリフェノールと酵素のパワーで発酵が進んでいきます。

また、紅茶のあのきれいな色なテアフラビンというポリフェノールによるもの。

抗酸化力がとても強く殺菌作用もあるので、体の老化防止と同時に風邪予防にも役立ちますよ。

ローズヒップティー    

ローズヒップとはバラ科の植物の果実のことであり、それを乾燥させたのがローズヒップティーの材料です。

別名「ビタミンCの爆弾」と呼ばれており、何とレモンの約20倍ものビタミンCを含有しています。

また、カルシウムは牛乳の約8倍、鉄分はホウレンソウの約2倍、リコピンはトマトの約8倍と、特に女性にうれしい栄養素がたっぷりと含まれているお茶。

ローズヒップの抽出液をマウスに与える実験では、与えないマウスのグループは体重が増加するのに対して、ローズヒップを服用しているマウスはほとんど体重が変化しなかったとの結果も報告されています。

また、継続して摂取することで内臓脂肪や中性脂肪の減少にも役立つお茶です。

ルイボスティー

ルイボスティーは血液をサラサラにして、血流を改善する効果が期待できるお茶です。

また、デトックス効果に優れていて体内の老廃物を排出するため、血中の中性脂肪の増加抑制にもつながります。

プーアル茶  

プーアル茶には没食子酸(ぼつしょくしさん)という、カテキンが発酵するときに発生する天然成分が豊富に含まれています。

こちらは腸内で脂肪吸収をおさえる機能を持っており、食後の余分な脂肪の吸収をさまたげる効果が期待できます。

また、同じく重合カテキンも豊富で蓄積された脂肪の燃焼を促す働きがあります。

杜仲茶(とちゅうちゃ)

杜仲という中国原産の落葉高木の葉を煎じたお茶で、植物製ミネラル成分が豊富に含まれています。

このミネラルが血中の中性脂肪濃度を下げる働きがあり、蓄積された中性脂肪の減少に役立つとあって、古くから中国で飲まれている健康茶の一つ。

また、超善玉物質のアディポネクチンの増加を促進する作用もあって、悪玉コレステロールの減少にも役立ちます。

グァバ茶

グァバ葉ポリフェノールが血糖値の増加を抑える作用があり、糖尿病などの生活習慣病予防に役立ちます。

ギャバロン茶

スーパーやコンビニのお菓子コーナーでよく見かける「GABA(ギャバ)」。

このギャバは血圧の急上昇の抑制のほか、腎臓の働きを活性化して利尿作用によるデトックス効果に優れた栄養素です。

もともとお茶にも含まれている栄養素ですが、ギャバロン茶は日本の食品操業研究所が緑茶の製法を改良して開発した新しい健康飲料。

高血圧対策に有効な「ガンマ・アミノ酪酸(ギャバ)」を大量に含み、体脂肪の低下や抗酸化作用、殺菌作用に優れているお茶です。

ゴーヤ茶

ゴーヤに含まれる「共役リノール酸」が中性脂肪の減少に役立ちます。

また、ゴーヤのあの苦み成分モモルデシンは、血糖値を下げるインスリンと似た働きをするとして、高血糖や糖尿病予防にも良いとされています。

シモン茶

シモン茶はシモン芋が原料のお茶で、豊富な食物繊維とビタミンA、E、Kを含むのが特徴。

また、レシチンの作用により余分な中性脂肪を分解し、便として外に排出する働きも持っています。

豆乳には中性脂肪を下げる成分が盛り沢山

中性脂肪やコレステロールを下げる食べ物としては大豆がありますが、それを飲み物にした豆乳には大豆が丸ごと入っていますので大豆たんぱく質などの栄養素が豊富です。

豆乳

 

豆乳に含まれる中性脂肪や悪玉コレステロールに有効な成分としては以下の3つです。

・大豆イソフラボン

・レシチン

・サポニン

大豆イソフラボンは中性脂肪と関わりが深い悪玉コレステロールの減少につながる働きを持っています。

そして、サポニンは脂肪を分解する酵素の働きを抑制し、レシチンは血中のコレステロールや中性脂肪を溶かして外へと排出する働きがあります。

野菜ジュースで中性脂肪を下げる成分を手軽に摂取

特に外食が多い人は、どうしても野菜が不足しがちです。

そんな野菜を手軽にとれる野菜ジュースは、中性脂肪を下げる効果が期待できる成分も豊富に含まれています。

トマトジュース

健康に良い野菜の代表、トマトには近年「13-oxo-ODA」という中性脂肪の減少に役立つ栄養素が豊富であることが明らかになりました。

また、強い抗酸化作用があるリコピンも豊富で、コレステロールの酸化防止に役立ちます。

中性脂肪を下げるなら、生のトマトよりトマトジュース!?

生のトマトとジュース用のトマトは、栽培の規格がまったく違うことを知っていますか?

生のトマトは年中ハウス栽培で出荷されていますが、トマトジュース用のトマトは旬で完熟しているものなど、細かく規定されています。

そのため、生のトマトよりも赤みが強くリコピンなどの栄養素が豊富。

生のトマトももちろん栄養豊富ですが、中性脂肪を下げるにはあえてトマトジュースを飲むことをおすすめします。

オレンジジュース

オレンジジュースのオレンジには、イノシトールという成分が含まれています。

このイノシトールはビタミン様作用物質のことで、体内の脂質の代謝を高めて肝臓への脂肪の蓄積予防に役立ちます。

中性脂肪の増加による脂肪肝の防止と、さらに血液中のコレステロール値を正常に導いてくれる働きがあります。

身近な飲み物に隠された、中性脂肪を下げる効果

普段何気なく飲んでいる飲み物の中にも、実は中性脂肪の減少をサポートしてくれる種類があります。

その代表的なものをまとめましたので、ぜひチェックしてみてください。

コーヒー

毎日仕事中や休憩タイムに、コーヒーを愛飲している人は多くいます。

このおなじみのコーヒーに含まれる、カフェインとクロロゲン酸には中性脂肪を下げる働きがあります。

コーヒーの飲みすぎは中性脂肪に逆効果!?

ただし、カフェインの過剰摂取はカフェイン中毒を引き起こし、吐き気や頭痛、嘔吐などの症状が出る可能性も!

特に毎日飲み続けているとカフェインに耐性ができてしまうため、つい適量以上を飲んでしまう人も少なくありません。

コーヒーは多くとも1日3杯程度に留め、糖質のかたまりである砂糖やミルクは入れずにブラックで飲みましょう。

なかでもポリフェノールのクロロゲン酸は、高温でのコーヒー豆の焙煎をすると壊れてしまう成分。

そのため、モカやエスプレッソなどの深煎り豆より、アメリカンコーヒーのような浅煎り豆はクロロゲン酸を約2倍も含んでいます。

赤ワイン

赤ワインは白ワインと違って、皮も種もいっしょに漬け込んで発酵させて作るワイン。

特にぶどうのポリフェノールは皮に豊富に含まれており、赤ワインは白ワインより多くのポリフェノールが含有されています。

赤ワインのポリフェノールの一種、レスベラトロールが中性脂肪の生成を抑制する効果があるとの研究結果の報告もあります。

アルコールは中性脂肪の大敵!

中性脂肪の減少につながるからと、赤ワインを飲みすぎるのはかえって体に負担をかけてしまいます。

アルコールの分解も余分な脂肪の分解も、どちらも肝臓が担当しています。

そのためアルコールを摂取すると、脂質や糖質の分解が後回しにされ余分なエネルギーが腸で吸収されやすくなる原因に。

また、アルコール自体も1gあたり7kcalのエネルギーを持っていて、特にワインは原料のぶどうに多くの糖質を含んでいます。

そのため、1日の適量は赤ワインでグラス2杯程度。

2杯程度の量であれば血中アルコール濃度が健康的なラインを維持しつつも、ポリフェノールの恩恵をしっかり受けられます。

中性脂肪を下げる成分、ポリフェノール

中性脂肪を下げる飲み物の大半はポリフェノール

ここまで中性脂肪を下げるのに有効な飲み物をご紹介してきましたが、そのほとんどにポリフェノールが含まれていることに気付きましたか?

ポリフェノールは脂肪分解酵素のリパーゼの働きを阻害して、余分な脂肪吸収をおさえる効果が期待できるのです。

特に食事中にポリフェノールを多く含む飲み物を摂取することが、中性脂肪値の急上昇予防につながります。

そこで、最近ではポリフェノールなどの有効成分を豊富に含んだお茶が、各メーカーで発売されています。

市販のお茶の中でもポリフェノールの含有量が多い、売れ筋商品を見ていきましょう。

市販のお茶のポリフェノール含有量ランキング

商品名 タイプ ポリフェノール含有量 定価
サンガリア 一休茶屋 ポリフェノール600烏龍茶 烏龍茶 171mg 140円
花王 ヘルシア緑茶(トクホ) 緑茶 154mg 180円
伊藤園 烏龍茶 濃い味 烏龍茶 96mg 140円
サントリー 黒烏龍茶(トクホ) 烏龍茶 70mg 160円
伊藤園 おーいお茶 緑茶 70mg 140円
キリン 午後の紅茶 紅茶 40mg 140円
サントリー ウーロン茶 烏龍茶 30mg 140円
アサヒ 食事の脂にこの1本。 プーアル茶 30mg 140円

このように、各メーカーから中性脂肪を下げるのに役立つ健康茶が数多く発売されています。

もし日頃からペットボトルのお茶を飲んでいる人は、このような健康茶に切り替えてみてはいかがでしょうか。

ポリフェノールが多いのはペットボトルより、急須のお茶

手軽に摂取できるペットボトルタイプのお茶ですが、実はさらにポリフェノールを多く摂取できるのが急須で煎れたお茶。

京都府消費生活科学センターで行われたテストでは、急須で煎れた煎茶とペットボトル入りの緑茶飲料を比較した場合、急須で煎れたお茶の方が平均約1.4倍ものポリフェノールを含有していることが明らかになりました。

また、茶カテキンの量も2.5倍、お茶の甘みやうまみを感じるアミノ酸も5倍になるなど、同じお茶でも含まれる成分に違いがあることがわかります。

もともと急須で煎れるお茶は、私たち日本人が古くから続けてきた生活習慣の一つ。

可能であればペットボトル飲料のお茶だけでなく、家にいるときは急須で緑茶を煎れてティータイムを過ごしてみてはいかがでしょうか。

ポリフェノールが含まれた飲み物は、食事前に飲むと効果的

特にポリフェノールを含んだ飲み物は、食前に飲むのがおすすめです。

ポリフェノールが余分な脂肪の吸収を抑制してくれるよう、食事前に飲んでおくことでリパーゼの働きをおさえる効果が期待できるのです。

また、運動の30分前にポリフェノールを摂取しておくことで、脂肪の燃焼を促進する働きもあります。

基本的にお茶を飲んでから実際に体内でポリフェノールが作用するのは、30分程度の時間が必要。

そのため、食事や運動時に飲むのではなくその30分前に飲んでおくことをおすすめします。

中性脂肪を下げるトクホの飲み物

特定保健用食品、通称トクホとは?

中性脂肪を下げるのに効果的とのCMを見かける、通称トクホのお茶。

トクホの商品は体に良いというイメージはあるものの、そもそもどんなものなのか知っていますか?

トクホは「特定保健用食品」の略で、消費者庁が健康に対する効果効能を認めた食品のこと。

実験の結果、中性脂肪を下げる効果があったと証明した食品にのみ与えられる称号です。

中性脂肪を下げるためにお茶を飲もうと考えている人は、ぜひ次のようなトクホのお茶を摂取することをおすすめします。

トクホ商品はスーパーや薬局のほか、通販でも手軽に購入できるのでまとめ買いしたい人はぜひ調べてみてはいかがでしょうか。

では、実際にどうして中性脂肪の減少に役立つのか、効果効能を認められた飲み物を一つずつご紹介します。

伊右衛門 特茶

脂肪分解酵素を活性化させる「ケルセチン配糖体」を配合。

このケルセチン配糖体によって、体脂肪を減らすサポートにつながります。

脂肪の吸収抑制ではなく、分解に着目したトクホで初めての緑茶です。

十六茶W

「難消化性デキストリン」の働きによって、食後の糖質や脂質の球種を抑制する効果が期待できます。

難消化性デキストリンは食物繊維のように、余分な脂質や糖質を包み込んで外に排出する働きを持っています。

そのため、血糖値の急上昇をおさえて血中中性脂肪の改善に役立つお茶です。

サントリー 黒烏龍茶

茶葉を半発酵させる過程で発生する「ウーロン茶重合ポリフェノール」を配合。

ポリフェノールの働きで、食事から摂取した余分な脂肪の吸収を防いで、排出を促してくれます。

花王 ヘルシア 緑茶

高濃度の茶カテキンを配合し、消化酵素の働きを抑えることで余分な中性脂肪と血糖値の上昇を抑制します。

また、肝臓に脂肪が大量に蓄積された脂肪肝の予防への有効性も認められています。

日本コカ・コーラ からだすこやか茶W

「難消化性デキストリン」によって、余分な脂肪と糖質の吸収をおだやかにする作用があります。

脂質の多い食事を摂りがちな人や、食後の血糖値の上昇が気になる人におすすめです。

ヤクルト 蕃爽麗茶(ばんそうれいちゃ)

グァバは沖縄などのあたたかい地方で栽培される植物で、苦みや渋みがありますが古くから薬用としても用いられてきました。

特に多く含まれるグァバ葉ポリフェノールは、糖の吸収をおだやかにする作用があり血糖値の急上昇を防いでくれます。

ジュースもトクホで飲める時代

トクホの飲み物は今やお茶だけでなく、次のようにジュースでも発売されています。

メッツコーラ

メッツコーラは「難消化性デキストリン」を含んだコーラ。

食事による糖の吸収をおだやかにして、余分な脂質とともに外に排出する作用があります。

伊藤園 スタイリースパークリングレモン

さわやかなレモン風味のトクホ炭酸飲料です。

「モノグルコシルヘスペリジン」という果実由来のポリフェノールが配合されていて、中性脂肪の減少に役立ちます。

三ツ矢サイダープラス

「難消化性デキストリン」の働きによって、食後の血中中性脂肪の値と血糖値の上昇をおだやかにするダブルの機能を持った、トクホの三ツ矢サイダーです。

中性脂肪を下げる機能性表示食品の飲み物

食事の生茶

難消化性デキストリンを配合した機能性表示食品です。

脂肪と糖質の吸収をゆるやかにして、お腹の調子をすっきり整える3つの機能が期待できます。

機能性表示食品にはノンアルコール飲料もある

健康とは正反対のイメージがあるアルコールですが、最近では本物と味わいがあまり変わらないノンアルコール飲料も数多く登場していますよね。

さらに、中性脂肪の減少に役立つ機能性表示食品も発売されています。

パーフェクトフリー

カロリーと糖類どちらもゼロというヘルシーさと、のどごしが良いさわやかな飲み口が食事のお供にぴったりのノンアルコールビールテイスト飲料です。

「難消化性デキストリン」を配合し、脂肪と糖質の吸収をおだやかにします。

アサヒスタイルバランス

レモンサワーテイストとグレープフルーツサワーテイストの2種類が発売されています。

どちらも糖類、アルコール0のノンアルコール飲料。

また、ハイボールテイストも登場したばかりで、チューハイカクテルテイスト清涼飲料で初となる機能性表示食品です。

「難消化性デキストリン」によって、食後の糖と脂肪の吸収をおだやかにします。

トクホや機能性表示食品に多い、難消化性デキストリンとは

難消化性デキストリンは低粘性水溶性食物繊維

トクホや機能性表示食品の多くに含まれている「難消化性デキストリン」。

このデキストリンは「低粘性水溶性食物繊維」のことで、トウモロコシのデンプンを焙焼して、デンプンを消化する酵素アミラーゼで加水分解して作られます。

難消化性と言うように、通常の食物繊維よりも消化しにくいデンプンの一種でさまざまな食品に使われている新成分です。

食物繊維が中性脂肪を下げる仕組み

難消化性デキストリンを摂取すると、食べ物が腸で吸収されるスピードがゆるやかになる効果があります。

ラットとヒトを対象にした実験では、難消化性デキストリンが麦芽糖の分解を抑制して食後の血糖値の上昇をおさえたとの結果が報告されています。

また、水分を抱え込んで保持する働きも持っており、便をやわらかく保ちつつも量を増やすことで、スムーズな排便を促す作用も。

整腸作用によりダイエットの大敵である便秘改善にも役立ちます。

トクホの効果って実際どのくらい?

トクホの効果はご飯2口程度   

ここまでトクホのお茶をご紹介してきましたが、実際のところどれくらいダイエット効果が期待できるのか気になりますよね。

実はトクホのお茶を飲むことで、消費されるカロリーは1日あたり50kcal~100kcal増加する程度だと言われています。

この50kcalはご飯だったらわずか二口程度の量。

もちろん同じ飲み物を飲むのなら、トクホのゼロカロリーで難消化性デキストリンやポリフェノールを含んだ商品を愛飲した方が、後の中性脂肪の減少に役立つと言えます。

ただし、トクホのお茶を飲んだから必ずしも中性脂肪が正常値になるとは限らないのです。

中性脂肪は飲み物だけで改善するほど甘くない

一度正常値を超えた中性脂肪を元に戻すには、お茶を飲むだけでは完全に改善する可能性が低いと言えるでしょう。

大切なのは、飲み物を服用しつつも食事と運動習慣を見直すこと。

あくまで健康的な生活を送るための補助的なものとして、中性脂肪を下げる効果が期待できる飲み物を摂取していきましょう。

中性脂肪を下げるお茶や飲み物まとめ!トクホの効果って実際どのくらい? はコメントを受け付けていません。 中性脂肪を下げる飲み物