アルコールを飲みすぎると中性脂肪が高くなる?飲酒を控えることができない場合の対処法

酔っぱらい

アルコールの飲みすぎは肝臓に負担をかけることが知られていますが、実は中性脂肪を増やす原因にもなります。

自分はお酒を強いと思っていても、中性脂肪を放っておくと脂肪肝や肝硬変など肝臓の疾患を引き起こす可能性もあるのです。

では、どうしてアルコールを飲むと中性脂肪が増えてしまうのでしょうか?

今回はアルコールと中性脂肪の関係や、どうしても飲酒を控えられないときの対処法をご紹介します。

アルコールの飲みすぎが中性脂肪の値を高くする理由

ウイスキー

中性脂肪とは、消費されなかったエネルギーが脂肪として蓄えられたものです。

中性脂肪と言えば脂っこいものや甘いものを食べると増えるイメージがありますが、実はアルコールにも中性脂肪の合成を促す作用があると考えられています。

もちろんアルコール自体に、中性脂肪の元になる脂質は含まれていません。

問題はアルコールを摂取すると分解のために肝臓が働くことで、食事から摂取した脂質や糖質の分解に時間がかかってしまう点。

本来なら食べ物の栄養吸収がスムーズにできる量でも、アルコール分解のために肝臓の機能をフル回転させていると、消化吸収まで時間がかかり余分な脂肪や糖質が体に溜め込まれてしまうのです。

また、アルコールの分解時は肝臓で「アセトアルデヒド」という物質が作られ、これは脂肪の分解を抑制して、中性脂肪の元である脂肪酸を活発にする作用があります。

このような理由から、アルコールは中性脂肪を増やす大きな原因になることがわかります。

中性脂肪が増えにくいアルコールの種類は?

日本酒

アルコールは控えるのがベストですが、飲み会の席などさまざまな理由からお酒を飲まざる負えない機会もありますよね。

そんなときは、同じアルコールでも中性脂肪を溜め込みにくい種類を選びましょう。

お酒には大きくわけて「醸造酒」と「蒸留酒」の2つがあります。

醸造酒はお米やブドウ、麦を醸して作ったお酒で、ビール、ワイン、日本酒などが代表的です。

それに対して、蒸留酒は醸造酒を一定の温度で温め、揮発したアルコールのみを抽出して作るスタイル。

焼酎、ウィスキー、ブランデーなど度数の高いお酒は蒸留酒に分類されます。

この2つのうち、中性脂肪になりづらいのは揮発したアルコールのみでできた蒸留酒。

ビールやワインはもともとの原材料のカロリーがある上、糖質も多く含まれているので中性脂肪を溜め込む原因になります。

お酒の席でアルコールを飲むのなら、蒸留酒のロックかストレートがおすすめです。

もし焼酎などを割るのなら、ジュースではなくレモン果汁や梅干し、ウーロン茶など糖質が少ない飲み物を使ってください。

飲酒を控えられないときの対処法

お医者さん

お酒を控えられないときに、中性脂肪を溜め込まないためにはお酒の種類と同時に次の点を意識してみましょう。

1日あたりの適量を守る

いくら蒸留酒でも、大量にアルコールを摂取するのは肝臓に負担をかけてしまいます。

1日のお酒の適量は次のとおりですので、この量を超えないようほどほどにしておきましょう。

ビール…中瓶1500ml

焼酎…0.6

日本酒…1

お酒好きの人は物足りない量と感じるかと思いますが、中性脂肪を減らすためにはお酒を控える努力が必要です。

飲み足りないときは、ノンアルコールビールを飲むなどして適量を守りましょう。

・おつまみは糖質が少ないものを選ぶ

アルコールで中性脂肪が増える原因の一つが、いっしょに食べるおつまみの量や種類です。

ビールに合うからと言って、揚げ物や炭水化物中心のおつまみを食べてしまえば、カロリーオーバーによって中性脂肪を溜め込んでしまいます。

また、飲酒中は食欲を抑制している体内のレプチンが減少することから、食欲のリミッターが外れやすいのも要注意。

つい勢いに任せて、ジャンクフードなど高カロリーで高脂質、高糖質のものを食べてしまいたくなるのであらかじめヘルシーなおつまみでお腹を膨らませておきましょう。

満足感があるのにヘルシーなサラダを始めとする野菜、肉を食べるなら鶏肉や牛の赤身肉など、脂質が少ない部位を選んでください。

ほかにも、低糖質でミネラルが豊富なワカメなどの海藻やキノコ類、豆腐などの大豆類を使ったおつまみをメインにいただきましょう。

・アルコールのシメは温かい野菜スープやお味噌汁

アルコールを飲んだ後は、ついご飯やラーメンが食べたくなりますが夜遅くの炭水化物は中性脂肪を増やす大きな原因に。

そこで、どうしてもお酒のあとにシメが欲しくなったら、温かい野菜スープやお味噌汁などの汁ものをいただきましょう。

温かい汁物は胃腸を温めて消化機能を促進し、満足感も得やすいので炭水化物でなくともお腹が落ち着きます。

まとめ

アルコールの飲みすぎは肝臓に負担をかけてしまい、結果的に中性脂肪が増加する原因になります。

しかし、アルコールを完全にやめようと思っても、仕事の付き合いや宴会の席ではどうしても飲まざるを得ない場面もありますよね。

そんなときは中性脂肪になりづらい、焼酎などの蒸留酒を飲みましょう。

また、おつまみも糖質や脂質が少ない野菜やたんぱく質をメインにしたメニューを選ぶことも大切です。

アルコールを飲みすぎると中性脂肪が高くなる?飲酒を控えることができない場合の対処法 はコメントを受け付けていません。 中性脂肪を下げる方法