中性脂肪を下げるサプリ!予算と目的に合わせたサプリのススメ

中性脂肪を下げるサプリ

中性脂肪を下げるには、食事療法と運動習慣を取り入れる生活改善が大切です。
そんな食事や運動以外にも、中性脂肪を下げるサポートをしてくれるのがサプリメント!

カロリーを気にせず1日数粒を飲むだけで、不足しがちな栄養を補えるサプリは中性脂肪に悩む人の強い味方になってくれます。

中性脂肪と悪玉コレステロールを下げるサプリはDHA・EPAが主流!

なかでも中性脂肪を下げるためのサプリは、DHAとEPAをメインにした商品が多くあります。

このDHA・EPAサプリで中性脂肪対策をすると、同時に悪玉コレステロールの数値も下げることができます。

その理由は血中の中性脂肪が悪玉コレステロールを増やす原因となっているからです。

青魚に含まれるDHAとEPAは、現代人の欧米化した食生活ではどうしても不足しがち。
そこでDHAとEPAをサプリメントで補って、中性脂肪と悪玉コレステロールを下げる生活を心がけていきましょう。

DHAの中性脂肪を下げる作用

中性脂肪を下げるサプリ

DHAは正式名称を「ドコサヘキサエン酸」と言い、体内では作られない必須脂肪酸の一つです。

DHAが中性脂肪を下げると言われているのは、肝臓の酵素リパーゼを活性化する作用があるため。
酵素リパーゼは脂肪を分解する働きがあり、DHAを摂取することで蓄積された中性脂肪が燃焼しやすくなるのです。
よく「中性脂肪を減らすには有酸素運動が有効」と言われていますが、それはリパーゼが活性化して脂肪をエネルギーとして分解するため。
つまりDHAはリパーゼの働きをサポートするので、運動と併用することでより効率的に脂肪燃焼を促す効果が期待できるのです。

EPAの中性脂肪を下げる作用

中性脂肪を下げるサプリ

EPAは正式名称を「エイコサペンタエン酸」と言い、こちらも青魚に多く含まれる栄養素です。
EPAを摂取すると、体内の脂肪酸感受性細胞の「GLP-1」というホルモンが分泌されます。
このGLP-1は通称「痩せるホルモン」とも呼ばれており、満腹まで食べずとも食事に満足感が生まれるよう食欲を抑制する作用を持っています。
食べる量が減れば必然的に摂取カロリーも減りますし、中性脂肪の蓄積の予防につながりますよね。
また、GLP-1は胃腸での消化スピードをゆるやかにする作用もあるため、長い時間満腹感が続き、間食の予防にもなります。

DHA・EPAを食事だけで賄う事は難しい

このように中性脂肪を減少させるのに役立つDHAとEPAですが、1日に推奨されている摂取量を食事で全て補うのは厳しい栄養素でもあります。
厚生労働省では「DHAおよびEPAの目標摂取量は1日1グラム以上」が望ましいと発表しています。

1日に必要なDHA・EPAはマグロの刺身9人前!

この1グラムという量は、マグロの刺身に換算するとなんと9人前以上!
とても毎日継続して食べられる量ではありませんよね。

サプリなら魚嫌いでも毎日継続しやすい

そこでおすすめしたいのが、カロリーを気にせず数粒で栄養を補えるサプリ。
青魚が苦手な人でもサプリなら無理なく続けられますし、外食続きで栄養バランスが偏りがちな人も、食事といっしょにサプリを飲み続けることで、中性脂肪の増加の抑制につながります。

中性脂肪を下げたい!サプリを選ぶポイントは3つ!

DHA・EPAは量だけでなくバランスも重要!

中性脂肪を下げるためのサプリを選ぶ際に気をつけたいのが、DHAとEPAそれぞれの量だけでなく両方のバランスを見ること。
EPAとDHAは構造が似ていることから、よくセットで紹介されますが2つはそれぞれ体での働きが異なります。
EPAは中性脂肪を下げるほかに、血小板凝集(けっしょうばんぎょうしゅう)抑制効果が備わっています。
これは中性脂肪やコレステロールの蓄積で起きる、血管の血栓をできにくくする作用のこと。
血栓が形成されれば脂質異常症や高血圧、心臓病などの病気に発展するリスクが高まってしまいます。

それに対して、DHAは情報伝達をスムーズにして脳の働きをサポートする効果に優れた栄養素。
脳はおよそ140億もの神経細胞が走っていますが、もともとDHAはこの神経細胞の膜に存在しています。
神経細胞は木のように無数に枝分かれしていて、先端のシナプスを通って常に神経伝達物質をやり取りしています。
DHAはこの木のような樹状突起を増やす働きもあり、脳の若さを保つ上で重要な栄養素。
しかし、DHAは35歳を境に1日10万個という単位で死滅していってしまいます。
そこでサプリからDHAを補うことは脳の老化防止につながるのです。

中性脂肪を減らすには、EPAの多いサプリがベスト

そして中性脂肪を減らすには、DHAよりもEPAが多く配合されたサプリがおすすめです。
EPAは血栓ができるのを予防して血液をサラサラにするため、中性脂肪によって血液がドロドロの人や動脈硬化のリスクがある人は、血液を潤滑にするようEPAを多く含んだサプリを選びましょう。

量より質!酸化対策が万全なサプリを選ぶべし!

サプリ選びで重視したいのが、酸化対策をしっかり取り入れている商品を選ぶこと。
油は長時間置いておくと空気に触れるうちに酸化が進みます。
この酸化は体内のLDLコレステロールに作用することで、「過酸化脂質」に変化します。
LDLコレステロールが酸化LDLになると、血管壁を傷つけながら深く潜り込んで、コブのような状態に。

その結果、動脈硬化を促進する原因につながっていってしまうのです。
せっかく血液をサラサラにするためにサプリを摂取したとしても、酸化が進んでいればかえって血管年齢を縮める可能性があります。
そこで、DHA・EPAサプリを選ぶ際は、酸化を防いで常に新鮮な状態を保てるよう酸化対策を施した商品を選びましょう。

信頼できる実績のあるサプリか?

サプリは自分の体に取り入れるものだからこそ、安心安全のものを選びたいですよね。
価格の安さや含有量を見ることも大切ですが、それ以上に安全性が高いものを選ぶために信頼できる実績がある大手メーカーの商品がおすすめです。

また、服用後も効果が得られないと感じた場合、一定期間中なら返金保証が受けられるメーカーを選ぶのもリスク回避のために重要です。

DHA+EPAの多い順、中性脂肪を下げるサプリ一覧

通販で購入ができる中性脂肪のサプリのうち、DHAとEPAの配合量が多い順にリスト化しました。
ぜひ、サプリを選ぶ際の参考にしてみてください。

商品名 1日分の含有量 1か月分の値段
DSさらさら EPA1041mg ¥8,400
リフレのDHA&EPA DHA880mg EPA100mg ¥4,536
FUJIFILM EPA&DHA DHA260mg EPA600mg ¥3,780
さかな暮らし DHA260mg EPA600mg ¥2,800
ニッスイ イマークS DHA260mg EPA600mg ¥9,000
佐藤製薬 美健知箋EPA&DHA DHA550mg EPA200mg ¥4,980
DHC DHAサプリ DHA510mg EPA110mg ¥1,286
AOZA DHA178.2~328.4mg EPA216.5~281.7mg ¥4,968
大正製薬 大正DHA・EPA DHA400mg EPA200mg ¥4,000
アサヒディアナチュラEPA×DHA・ナットウキナーゼ DHA154mg EPA360mg ¥1,377
さくらの森 きなり DHA450mg EPA50mg ¥6,150
DHA&EPAオメガプラス DHA364.5mg EPA127.5mg ¥5,553
ファンケル EPA&DPA DHA149mg EPA334mg ¥1,296
伝統紅麹+EPA DHA112~224mg EPA242mg ¥4,800
やわた DHA&EPA 合計400mg ¥2,160
DHA&EPA+セサミンEX DHA300mg EPA100mg ¥5,346
みやび DHA&EPA DHA243mg EPA85mg ¥1,666
はぐくみ+ ハグラビ 合計300mg ¥980
美健ライフ 極上クリル DHA57mg EPA125mg ¥5,400
小林製薬 ナットウキナーゼ&DHA&EPAセット DHA60mg EPA11mg ¥1,134

タイプ別!中性脂肪を下げるサプリのオススメ

上記の一覧表のサプリの中から、タイプ別でおすすめしたいサプリの種類をランキング形式でご紹介します。
どれを選べばいいのか迷っている人は、自分に合ったタイプを見つけてみましょう。

DHA+EPA含有量ランキングTOP3

①DSさらさら

1日分の含有量…EPA1041㎎
1か月分の値段…\8,400

含有量1000mg以上を誇る、EPAのみに特化したサプリ。
厚生省が推奨しているEPAの摂取量1日1,000㎎を超えているのは、サプリの中でもDSさらさらだけです。
テレビの健康番組にも出演している、岡部クリニックの岡部院長が監修したドクターズサプリで、EPA以外にも高い抗酸化作用がある「アスタキサンチン」と、「レストらベール」を配合して、酸化しやすいEPAの弱点を補っています。

②リフレのDHA&EPA

1日分の含有量…DHA880mg EPA100mg
1か月の値段…\4,536

機能性表示食品として認定されているリフレのDHA&EPAサプリです。
DHAとEPAの両方をバランスよく摂れるのが魅力で、抗酸化作用を持つビタミンEも同時配合。
酸化しやすいDHAとEPAの働きをサポートしています。

③FUJIFILM EPA&DHA

1日分の含有量…DHA260mg EPA600mg
1か月の値段…\3,780

DHAを独自技術「アクアナノサイジング」でナノ化し、通常よりも50%も吸収率を高めています。
また、デリケートなDHAとEPAの酸化を守るため、富士フィルムが研究を続けているアスタキサンチンも同時配合しています。

③さかな暮らし

1日分のDHA…260mg EPA600mg
1か月分の値段…\2,800

海洋由来の魚介類にある、水銀やヒ素、鉛やセシウムなどの放射性物質を厳重に検査し、安全性が確保したものだけを原材料に使っています。
含有量に対して1か月あたりの値段も安く、1日あたりのコストは93円とリーズナブルなので、長い間続けやすいのもさかな暮らしの魅力です。

③ニッスイ イマークS

1日分の含有量…DHA260mg EPA600mg
1か月分の値段…\9,000

ヨーグルト風味で飲みやすいトクホドリンクです。
ヒト試験では1日1本のイマークSを4~12週間継続して飲用した結果、
約20%の中性脂肪値の減少が認められました。

DHA・EPAを低価格で!コストパフォーマンス重視のサプリ

DHA/EPAサプリを飲みたいけれど、できるだけコストをかけたくない人も多いのではないでしょうか?
ここでは、リーズナブルでサプリ初心者におすすめしたい商品をいくつかご紹介します。

DHA・EPAに疑心暗鬼な初心者にオススメ

・DHC DHAサプリ

1日分の含有量…DHA510mg EPA110mg
1か月分の値段…\1,286

コンビニやドラッグストアでも購入できるサプリとしておなじみのDHAシリーズ。
DHA・EPAのほかにビタミンEも60㎎配合しており酸化対策もバッチリです。
1日あたりの価格は43円とリーズナブルで、続けやすい商品です。

・ファンケル EPA&DPA

1日分の含有量…DHA149mg EPA334mg
1か月分の値段…\1,296

リーズナブルな健康食品やスキンケアアイテムを発売しているファンケル。
DHA・EPAサプリも低価格で、1日あたり43.2円と低料金です。

信頼と安心の大手製薬メーカーによるサプリ

せっかくサプリを飲むのなら安全性の高いものを選びたい人におすすめの、大手製薬メーカーサプリをご紹介します。

・美健知箋(びけんちせん)EPA&DHA

1日分の含有量…DHA550㎎EPA200㎎
1か月分の値段…\4,980(定期購入の場合)

美健知箋は、ユンケルでおなじみの佐藤製薬が販売しているサプリです。
酸化を防ぐためビタミンEを配合するほか、シームレスカプセルで包み込みさらにアルミパックで梱包することで、日光や空気に触れるのを最小限にしています。

・大正製薬 DHA・EPA

1日分の含有量…DHA400mg EPA200mg
1か月分の値段…4,000円

鷲のマークでおなじみの大正製薬のサプリ。
独自開発の溶けやすいソフトカプセルを採用しており、日本薬局方で定めている崩壊試験法では、およそ3分後に体内で崩壊することが認められています。
服用後短時間でしっかりと体内に吸収されていくのが特徴です。

DHA・EPA以外の成分も要チェック!

中性脂肪を下げるサプリ、いま納豆がアツい!

DHAとEPAの中性脂肪を下げる効果をより高めるため、ほかにどんな有効成分が入っているかもサプリ選びのポイントです。

・さくらの森 きなり

1日分の含有量…DHA450mg EPA50mg
1か月分の値段…\6,150

酸化を防ぐアスタキサンチン配合の真っ赤なクリルオイルを配合。
クリルオイルはビタミンEの1,000倍もの抗酸化作用を持っており、さらに水にすばやく溶けるリン脂質結合型です。
また、納豆のネバネバにある酵素に着目し、ナットウキナーゼも配合したことでドロドロ血液を解消し血栓予防に役立ちます。

納豆パワーもお手軽価格で試せる時代!

ナットウキナーゼを配合しつつも、比較的リーズナブルで試せるサプリをご紹介します。

・アサヒディアナチュラEPA×DHA・ナットウキナーゼ

・1日分の含有量…DHA154mg EPA360mg
・1か月分の値段…\1,377

オレンジと白を基調としたパッケージでおなじみのアサヒのディアナチュラシリーズ。
EPAとDHAに、酸化防止のビタミンEとナットウキナーゼも配合しており、中性脂肪減少と血栓予防に役立ちます。

・小林製薬 ナットウキナーゼ&DHA&EPAセット

1日分の含有量…DHA60mg EPA11mg
1か月分の値段…\1,134

小林製薬の独自技術でナットウキナーゼを1粒の凝縮した、ナットウキナーゼ活性の2000FUを配合。
希少な玉ねぎの「さらさらレッド(R)」も含んだサプリで、DHA・EPAと合わせて毎日のサラサラ生活をサポートします。

中国の古書に伝わる漢方、紅麹のちから!

伝統紅麹+EPA

1日分の含有量…DHA112~224mg EPA242mg
1か月分の値段…\4,800

沖縄の料理「豆腐よう」に使われている紅麹(べにこうじ)は、古くから中国や台湾でも使われてきた食品成分。
悪玉コレステロール、中性脂肪を下げて、善玉コレステロール値を上昇させる作用があり、EPA・DHAと合わせて健康生活をサポートします。

ゴマの抗酸化作用で、血液までサラサラに!

・DHA&EPA+セサミンEX

1日分の含有量…DHA300mg EPA100mg
1か月分の値段…\5,346

テレビでも見かけることが多い、DHA市場12年連続売上No.1サプリ!
売上シェアはなんと69.0%で、昔から多くの人がサントリーのサントリーDHA&EPA+セサミンEXを愛飲しています。
ゴマに含まれるセサミンのほか、体調バランスを整える玄米由来のオリザプラス、抗酸化力が高いビタミンEという3つの健康成分が、DHA・EPAを酸化から守ります。

DHA・EPA以外の中性脂肪を下げるサプリ

中性脂肪を下げるサプリと言えばDHAとEPAが代表的ですが、それ以外の成分でも中性脂肪減少効果が期待できる商品が数多く発売されています。
中でも人気の商品をいくつか見ていきましょう。

・海洋堂 黒烏龍茶カプセル

1か月分の値段\3,980

中性脂肪を下げるトクホの黒烏龍茶と同じ、重合ポリフェノール84㎎をたった2粒に凝縮!
黒烏龍茶そのものを飲むよりも低価格で続けやすく、農薬検査も厳重な4段階チェックで安全性の高いサプリです。

・大正製薬 ミドルケア 粉末スティック

1か月分の値段…\2,800

中性脂肪を低下させる「モノグルコシルヘスペリジン」を配合しているトクホ食品です。
このヘスペリジンはオレンジやミカンなどの柑橘類に多く含まれるポリフェノールで、特に皮やスジの部分に豊富に含まれています。
ミドルケアは粉末をお茶のように溶かして飲む清涼飲料なので、普段のお茶の代わりに続けやすい商品なのもおすすめの理由です。

・大塚製薬 賢者の食卓 ダブルサポート

1か月分の値段…\5,832

食物繊維の難消化性デキストリンにより、糖分や脂肪の吸収をおだやかにします。
食後の血糖値や中性脂肪の上昇をゆるやかにする作用が認められた、特定保健用食品。
スティックタイプの粉末で、お茶や水などに入れるだけで味を変えずにデキストリンが摂取できます。

・大正製薬 大麦若葉青汁 キトサン

コレステロールは肝臓で胆汁酸になり、小腸に分泌後再吸収されて肝臓に戻ります。
この再吸収を防いで便として排出する「キトサン」を配合した特定保健用食品です。
また、血中コレステロールの低下にもつながる作用があり、中性脂肪とコレステロールダブルで気になる人におすすめです。

・小林製薬 大豆たんぱくのチカラ

1か月分の値段…\1,620

中性脂肪を低下させる、大豆たんぱく質のベータコングリシニンを配合。
ヨーグルト風味の水なしで手軽に食べられるチュアブルタイプの特定保健用食品です。

・ベータミオ

大豆に含まれるベータコングリシニンを配合し、中性脂肪の減少をうながします。
今ある脂肪を燃焼しながらも、これから作られる中性脂肪をブロックするので、中性脂肪対策におすすめ。
こちらもそのまま噛んで食べられるチュアブルタイプです。

食事や運動で中性脂肪が下がらない時こそ、サプリの出番!

サプリは初回限定価格でお得にお試し可能!

中性脂肪を下げるには、食事療法と運動習慣を作ることが第一です。
しかし、それだけでは思うように中性脂肪が下がらないとお悩みの人もいます。

そんなときこそ、強力なサポーターになってくれるのがサプリ!
低価格でコスパの良い商品から、たっぷりとDHAやEPAなどの有効成分を含んだ、さまざまなものが発売されているため、ぜひ自分に合った商品を見つけたいですね。

多くのサプリで初回のみ、定価の半値やそれ以上の低価格でのお試し版が用意されています。
まずは初回限定価格を利用して、お得にサプリを選んでみてはいかがでしょうか。

中性脂肪を下げるサプリ!予算と目的に合わせたサプリのススメ はコメントを受け付けていません。 中性脂肪を下げるサプリ