豆腐が中性脂肪を減らす!たんぱく質グリシニンの力

豆腐は手ごろな値段で購入でき、植物性たんぱくが豊富な事からメインのおかずやサブのおかず、おつまみといった具合に利用範囲が幅広い食品になります。

絹ごし豆腐
また、健康管理をする上での食品としても利用できます。
特に豆腐を食べる事で中性脂肪を減らす事が期待できるでしょう。

・最近、血圧が上がってきた
・健康診断でコレステロール値が良くなかった
・好きなものばかり食べている食生活
といった面で心配をされている方は注目です。

豆腐にはグリニシンという成分が含まれているのですが、体にどのような作用をしていく成分なのかをご説明していきます。

大豆製品に含まれるグリニシン

大豆豆腐は大豆を茹でて豆乳を作り、にがりを加え水分を切る事で出来ています。
つまり、大豆を豊富に使用して作られているということです。

大豆には豊富な植物性たんぱく質が約34%含まれているのですが、このたんぱく質の中でもグリシニンが46%含まれています。

他にはβ‐コングリシニン が2割、その他の植物性たんぱくが3割となりますので、たんぱく質の約半数がグリシニンとなるのです。

このグリシニンはカロリーやコレステロールも低い質の良いたんぱく質となります。

中性脂肪、コレステロールに効果あり!

豆腐に含まれる豊富なグリシニンは体の中にある中性脂肪の量を増えないように抑える効果が期待できます。

血中のインスリンの濃度を下げる作用があるために、ホルモンバランスの状態を調整する作用もあります。

血中コレステロールの排出をする事でコレステロール値を下げたりするので以下の心配をしている人に効果的です。

・HDL(善玉)コレステロールよりLDL(悪玉)コレステロールの数が多い事が分かった人
・中性脂肪の数値が高いと(高脂血症を)指摘された人
・肉を多く食べる機会が多い
・動脈硬化を心配している人
・ダイエットなどをしたい人
・ホルモンバランスの状態を気にしている人
などです。

グリニシンはコレステロールや中性脂肪対策としての特定保健用食品の成分として使われてもいます。

グリシニンに含まれている成分

グリシニンはたんぱく質になり、中性脂肪、コレステロール対策になると注目されていますが、他にも私たちの体を作る元となるアミノ酸が豊富に含まれています。

・リジン

人間の体では作る事が出来ない必須アミノ酸になります。
ブドウ糖の代謝に必要で、肝機能を高める作用もあります。
カルシウムの吸収にも必要になります。

・トリプトファン

人間の体では作り出せない必須アミノ酸になります。
不眠に悩んでいる人にとっては意識したいアミノ酸になります。

・グルタミン酸

うまみ成分としても有名ですが、体内でのアンモニアの解毒に必要です。
他には脳のリラックス効果があるGABAを作る際にも必要になります。

・アスパラギン酸

アンモニアを外に出す働きがあり、エネルギーの代謝やたんぱく質を作られる時に使われます。
そのため、栄養ドリンクにも使用される成分です。

他の植物性たんぱくにも注目

他にも大豆に含まれているたんぱく質の成分ではβ-コングリシニンがあります。
β-コングリシニンは中性脂肪だけでなく内臓脂肪にも減らす働きがある事が分かっています。
グリシニンとβ-コングリシニンが両方含まれている大豆製品を摂取する事で効率よくコレステロール、中性脂肪を減らすアイテムとして利用できるのです。

大豆製品を摂取するのに最適な豆腐

私たちの体を作るために必要なたんぱく質を摂取するとなると肉や魚、卵などを食べるといった方法が多いと思います。

ですが、コレステロールが多い牛肉や豚肉、卵を多く食べるのに比例してコレステロールの摂取量も多くなるといったデメリットがあります。

一方、豆腐にはコレステロールが低いといったメリットがあります。
たんぱく質の量をしっかりと摂りつつ、なおかつコレステロールを多く摂取しないようにといった食生活が可能になってくるのです。

食べすぎには注意!

豆腐はお肉に比べてカロリーも低く、コレステロールの心配も少ないという事で、たくさん食べても大丈夫と安心してしまう人も多いかもしれません。

ですが、豆腐には女性ホルモンと似たような働きを持つイソフラボンも豊富に含まれており、あまり多く食べる状態が続くのも良くない場合があります。
量を多く継続的に摂取を続ける事でホルモンバランスが変わり月経不順や生殖器官の問題なども報告されています。

よくダイエット中のたんぱく質補給目的などで毎日、1日あたり1丁から2丁食べるという話を聞く事もありますが、食べる目安量としては、1日に豆腐1/2丁ぐらいと覚えておいて食べる量を調整するようにしてみて下さい。

大豆が苦手な人にも摂取してほしいたんぱく質

コレステロール、そして中性脂肪の数値が高い状態が続くと動脈硬化になりやすく、最終的に心筋梗塞、脳梗塞といった死に至る可能性もある恐ろしい病になる可能性も出てきます。

この事を踏まえた上で事前の予防はとても有効で、グリシニンを含んでいる豆腐などは是非、積極的に取り入れてほしい食品でもあります。

また、豆腐には悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やす働きがあるレシチンなども含まれていますので、豆腐はまさに中性脂肪を減らす対策に利用したいですね。

冷奴、湯豆腐、豆腐サラダ、麻婆豆腐など、手軽に作れるものから炒り豆腐やがんもどき風の揚げ物、揚げ出し豆腐、白和えといった手を加えた料理など、幅広く楽しめますので、中性脂肪対策として取り入れてみて下さい。