妊婦さんの中性脂肪を下げる方法~妊娠でコレステロールが増加する理由~

妊婦さんの中性脂肪を下げる方法~妊娠でコレステロールが増加する理由~

妊娠から出産にかけての期間は、女性にとって最もエネルギーを使う時期だといわれています。

この期間はおなかが大きく膨らむだけでなく、目に見えないような身体的な変化も数多く起こります。

特に初めて出産を行う妊婦さんは右も左もわからないので、不安も多いのではないでしょうか。

妊娠したら、中性脂肪値が高くなってしまったのですが…

妊娠したら、中性脂肪値が高くなってしまったのですが…

そうした妊婦さんの悩みのひとつで挙げられるのが、中性脂肪の増加です。

体重が増える、おなか周りが膨れるなど、見た目からもわかりやすいですが、妊娠中は脂肪の合成が活発になります。

しかしこれらは妊婦さんに原因がある訳ではなく、身体の変化に伴う生理現象ですので、きちんとした理由があるのです。

赤ちゃんの出産には、想像以上のエネルギーが必要

赤ちゃんの出産には、想像以上のエネルギーが必要

妊娠中のお母さんには、胎児や胎盤などをつくるために膨大なエネルギーが必要になります。

おなかの中で人間ひとりを作り上げるのですから、当然のことですね。

中でも妊娠初期~中期は、特にエネルギーが必要とされやすい時期になります。

妊娠中は赤ちゃんへ優先的に栄養が送られる

胎児はエネルギーが足りなくなっても、中性脂肪が使われるということはありません。

エネルギーが足りなくなったら、お母さんが持っているブドウ糖が使われることになります。

このように胎児に優先してブドウ糖を渡すので、お母さんのブドウ糖は不足しがちになってしまうのです。

母体のエネルギー不足は、中性脂肪で補う

人間の身体を動かすエネルギーとしては脂質・糖質・タンパク質がありますが、いちばん初めに使われるのはブドウ糖などの糖質です。

そしてブドウ糖を使い果たした時に、2番目にエネルギーとして使われるのが脂肪になります。

みなさんのおなか周りについている脂肪も、このようなエネルギー不足の時に備えて蓄えられているのです。

おなかの中で赤ちゃんを育てるのには、膨大なエネルギーが必要になります。

これは到底ブドウ糖だけでカバーしきれる量ではありませんので、必然的にブドウ糖は足りなくなってしまいます。

そのためブドウ糖の不足を補う第2のエネルギーとして、普段以上にたくさんの中性脂肪を蓄えようとしてしまうのです。

妊娠中はコレステロール値も高くなってしまう

中性脂肪値と同様に、妊婦さんはコレステロール値も高くなってしまいやすいです。

そもそも中性脂肪値とコレステロール値は比例する関係ですので、当然のことではあるのですが、このコレステロールの増加にもしっかりとした科学的根拠があるので、安心してください。

コレステロールこそ、女性ホルモンの材料

妊娠中は、エストロゲンやプロゲステロンなどの女性ホルモンが活発に活動します。

これら女性ホルモンの材料になっているのが、何を隠そうコレステロールなのです。

つまり女性ホルモンの量が多くなるため、その材料であるコレステロールも必然的に多くなってしまうというわけですね。

女性ホルモン、エストロゲンとプロゲステロンの関係

ここで妊娠中のコレステロール値に関係のある2種類の女性ホルモン、エストロゲンとプロゲステロンの働きについて説明いたします。

エストロゲンは生理周期を安定させ、女性らしい体つきを作るホルモンで、コレステロール値を抑える働きをもっています。

エストロゲンは、生理最終日から排卵日まで特に多く分泌されるホルモンですので、妊娠後は少なくなってしまいます。

反対にプロゲステロンは脂肪を蓄え、妊娠を維持するためのホルモンになります。

通常は生理周期の終わりと共に減少するのですが、妊娠すると生理が来ないのでずっと活動を続けてしまいます。

エストロゲンが減少する半面、プロゲステロンが増加するので、それらの働きによって中性脂肪値やコレステロール値が高くなってしまうのです。

コレステロールが高いほど、中性脂肪も高くなる

水と油の関係をご存知でしょうか?

水と油はお互い弾く関係ですので、ふたつが混ざり合う事はありませんね。

この働きのように、中性脂肪はそれ単体で血液の中を移動することが出来ません。

しかし、中性脂肪と悪玉コレステロールが合わさって1つの物質になることで血液中を移動できるようになります。

つまり中性脂肪が体内を移動するためには、悪玉コレステロールが必要というわけです。

悪玉コレステロールは名前こそ悪玉ですが、実は中性脂肪を運ぶという身体にとって欠かせない働きを果たしてくれているんですね。

中性脂肪が多いほど、移動のために悪玉コレステロールも多く必要になります。

そのため身体は悪玉コレステロールをたくさん作りだしてしまうのです。

逆も然りで、悪玉コレステロールが多いほど、中性脂肪も多くなる傾向にあります。

妊婦さんの中性脂肪値が高いのは、あくまで自然なこと

このように妊娠中は中性脂肪値が高くなりやすい、様々な要素が生じる時期なのです。

出産の際の出血に備えて、中性脂肪を高くすることで血を固まりやすくしているという説もあります。

中性脂肪値が高くても、それは妊婦さん本人のせいではないのです。

妊娠していない女性の場合、中性脂肪値は30〜149mg/dlが基準ラインですが、妊娠初期~後期にかけて中性脂肪値は少しずつ増えていきます。

臨月の頃になると、中性脂肪は2~4倍まで増加

出産が近づく臨月の時期には、総コレステロール値は妊娠前の125~150%、中性脂肪は約2~4倍以上に上昇します。

その他に白血球数も多くなる傾向があり、反対に赤血球数、ヘモグロビン、ヘマトグリッドは少なくなることが多いです。

体重にも個人差はありますが、最終的に10~11kgほど増えることが多いです。

中性脂肪が増加しても、赤ちゃんには影響ありません

お母さんから赤ちゃんへの栄養は、胎盤を通して受け渡されますが、分子が大きい中性脂肪は胎盤を通ることができません。

ですので、お母さんの中性脂肪が赤ちゃんへ直接送られることは基本的にないのです。

出産が終われば、中性脂肪値は自然に戻ります

このように中性脂肪が高くなりやすいですが、これは一時的なものですので、出産が終われば元に戻ります。

妊娠後期の妊娠8か月~臨月には、体脂肪の分解が促進されるので、そこまで心配する必要はありません。

ただし、家族性高コレステロール血症の人など、元からコレステロール値や中性脂肪値が高くなりやすい因子を持っている方は例外です。

医者の指示を仰ぎ、周りの妊婦さん以上に中性脂肪値に関してはいっそう気を遣うようにしてください。

とはいえ、中性脂肪値が高すぎるのも考え物

妊婦さんはみんな中性脂肪値が高くなりやすい状態ですので、多少の増加はごく当たり前ですが、中性脂肪値が高すぎるのはさすがに問題があります。

中性脂肪が多すぎると、お母さんの健康だけでなく、生まれてくる赤ちゃんの発育にも支障をきたす危険があるのです。

命にかかわる、妊娠高血圧症候群に要注意

「妊娠高血圧症候群」という、少し前まで「妊娠中毒症」と呼ばれた病気に注意しましょう。

妊娠20週以降に初めて高血圧が見られたケースを、「妊娠高血圧症候群」と定義されています。

胎盤がうまく作れず、赤ちゃんの酸素交換がうまくいかなくなることによって赤ちゃんの発育が悪くなる病気です。

酸素交換がうまくいかなくなると、血管が異常に収縮することもあり、胎盤剥離に結びついたり、血管壁が傷ついたりすることによって血管が破れる危険もあるのです。

妊娠中あるいは出産時の胎盤剥離は命にかかわりますので、この病気に関しては注意が必要です。

過度の肥満は難産の原因になります

中性脂肪が高くなると、内臓脂肪や皮下脂肪として身体に蓄えられますが、子宮周りや産道周りにも脂肪はつきます。

筋肉は伸縮しますが、脂肪は伸びたり縮んだりすることができません。

出産しようとする子宮が伸び縮みできなくなってしまうので、陣痛を弱くしてしまうことにつながり、結果として難産になってしまう恐れもあるのです。

妊娠線であろうと油断は禁物

妊娠すると気になる悩みの1つが妊娠線。

妊娠線とは大きくなるおなかに皮膚の伸びがついていけず、真皮が裂けてできてしまう傷です。

急激に子宮が大きくなる妊娠後期になると、皮膚や脂肪はそれに付いてこられずに裂けてしまうことがあるのです。

脂肪は伸びたり縮んだりすることができませんので、脂肪が多いと妊娠線ができるリスクが高まってしまいます。

妊娠線を予防するには、肌に潤いを与え、柔らかい状態にしておくことが大切です。

おなかが膨らんできたと思ったら、皮膚が伸びについてこられるように保湿クリームを塗って対策しましょう。

一度できてしまった妊娠線は時間の経過や努力次第で目立たなくなりますが、残念ながら完全に元通りになることはありません。

取り返しのつかない傷になる前に、できる限り早めに手を打った方が効果的です。

妊娠中の中性脂肪対策も、食事療法が基本

妊娠中は赤ちゃんの分も栄養を摂ろうと、張り切って食べ過ぎてしまう妊婦さんがいらっしゃいます。

これは逆効果で、中性脂肪の増加につながりますし、体重増加によって妊娠高血圧症候群のリスクも高めてしまいます。

妊娠中だからお母さんと赤ちゃん、2人分の栄養が必要というわけではないのです。

妊娠中こそ、糖や脂を控えるべき

中性脂肪は脂質や糖質といった栄養素を材料にして作られています。

ですので、揚げ物など脂質の多いものや、甘いお菓子などの糖質が多いものは摂り過ぎないようにしましょう。

特に動物性脂肪はできるだけ摂取しないよう注意し、油を使う場合にはオレイン酸系のオリーブオイルを代わりに使うなどの対策が有効です。

食事はお腹が空いて30分以上たってから

みなさんお腹が空くと、グーッとなってしまうことがありますよね。

このように空腹を感じている時こそ、身体のエネルギーが不足している証拠。

蓄えられていた中性脂肪がエネルギーとして分解されているサインなのです。

ですので、この空腹時をできるだけ長くキープした方が中性脂肪を減らすことができます。

食べ過ぎ防止のために、食べる量は腹八分まで

妊娠中は不安やストレスが多く、食べ過ぎに陥ってしまいがちです。

食べ過ぎは単純にカロリーオーバーに直結しており、中性脂肪が増える原因となります。

そのため食事は満腹になるまで食べるのではなく、腹八分までに留めておきたいところです。

満腹感というものは食べ物を噛む咀嚼によって、食欲を抑える満腹中枢が刺激されることでやってきます。

いつも以上に噛む回数を増やし、できれば1口30回以上、よく噛んでから飲み込むようにしましょう。

  • 妊娠初期のカロリー摂取目安:+50kcal
  • 妊娠中期のカロリー摂取目安:+250kcal
  • 妊娠後期のカロリー摂取目安:+450kcal

中性脂肪を下げてくれる食品を摂りましょう

食べ物の中には中性脂肪を減らしてくれる成分が含まれているものがあります。

ただ摂取カロリーを抑えるだけでなく、これらの成分を積極的に食べる事でも中性脂肪を下げる働きが期待できます。

・食物繊維

食事における脂質や糖質の吸収を抑える働きがあります。

さらに腸内で糖質やコレステロールを吸着して排出させる効果もあります。

野菜や海藻、キノコ類、おからなども豊富に含んでいます。

・大豆

肝臓で糖質が脂肪に変わるのを抑える効果があります。

大豆食品の中でも豆腐、納豆、豆乳などに豊富に含まれています。

・唐辛子

カプサイシンが中性脂肪からエネルギーへの変化を促します。

・ポリフェノール

ポリフェノールには脂肪を分解する酵素の働きを抑える効果があります。

全てのポリフェノールが中性脂肪を下げるわけではありませんが、烏龍茶や緑茶、赤ワインにカカオ、りんごに含まれているものも有効です。

・DHA/EPA

肝臓の脂肪合成や血中の中性脂肪の増加を抑える効果があります。

魚の中でも青魚に多く含まれており、サバやイワシ、サンマやマグロなどが特に多いです。

妊娠中に摂りたい栄養素はDHA・EPA

中性脂肪を下げる働きをもった栄養素の中でも、もっとも効果が高いのが青魚に含まれるDHA・EPAになります。

DHA・EPAはどちらも中性脂肪を下げる栄養素ですが、2つの栄養素は厳密には異なる働きを持っています。

主にDHAは脳や神経系への効果、EPAは血液への効果といわれています。

EPAが血液中の中性脂肪を減らす働き

中性脂肪が多くなると、赤血球など血液中の成分に柔軟性が無くなってしまい、血液はドロドロになります。

ドロドロになった血液は流動性が悪いので、心臓は血液を流すために圧力を強めてしまい、血圧が高くなってしまいます。

この状態が長期間続くと、全身の細胞に栄養や酸素が行き渡りづらくなってしまい、様々な病気を引き起こす要因になるのです。

EPA独自の働きとして、脂質の余計な合成や分泌を抑制し、血液中の余分な中性脂肪の代謝を促進する作用があります。

そのため血液中の中性脂肪を減らす効果では、EPAの方がDHAよりも優れた働きを持っているとされています。

DHAが赤ちゃんの頭脳をつくる働き

DHAだけに見られる特徴は、脳や神経にも良い働きを持っていることです。

脳の入り口には血液脳関門という関門があり、脳に入る成分を判別しています。

EPAは血液脳関門を通過できませんが、DHAは通過することができるのです。

血管脳関門を通過したDHAは脳神経を活性化し、神経伝達をスムーズにしてくれます。

脳の神経細胞は胎児の段階で完成するため、材料であるDHAが足りない状態は、お腹の中の赤ちゃんにとっても良くない状態なのです。

妊娠中に魚を食べるのは一長一短?

魚に含まれる水銀という物質は、おなかの中の赤ちゃんの発育に影響を与える可能性が指摘されており、厚生労働省でも「魚介類に含まれる水銀の摂取に関する注意事項」としてガイドラインが制定されています。

摂取しすぎることで、生まれてくる赤ちゃんの脳や神経組織への異常、運動神経やIQ低下などの可能性があるといわれているのです。

妊娠中こそ、DHA・EPAサプリがオススメ

そこでDHA・EPAを摂取する方法としてオススメしたいのが、DHA・EPAが含まれたサプリメントになります。

サプリであれば水銀を摂取せずに、純粋にDHAとEPAのみを摂ることができます。

さらにサプリにはDHA・EPAが濃縮されているので、普通に魚を食べるよりも多くのDHA・EPAを吸収できるのです。

実は、普段の食事でDHA・EPAを十分に摂取することは非常に難しいです。

厚生労働省ではDHA・EPAの推奨摂取量を1日1000mgとしていますが、これは食事に換算すると、カツオの刺身で約99切れ、マグロの赤身の刺身で約9人前になります。

1日だけならまだしも、この食生活を毎日続けるというのは非現実的ですし、カロリーも心配、経済的負担も大きいですよね。

サプリメントであれば、1日数粒のサプリを飲むだけですのでとっても簡単。

下手に魚を買って食べるよりも安い買い物であるといえるのではないでしょうか。

妊娠中でも無理しない程度の運動療法は必須

中性脂肪=(摂取カロリー)-(消費カロリー)

中性脂肪とは、摂取カロリーから摂取カロリーを差し引いた、余りのカロリーになります。

食事療法では摂取カロリーを減らすことで中性脂肪を減らしていましたが、同様に消費カロリーを増やすことでも中性脂肪を減らすことができます。

妊娠している最中は身体を動かすことが難しいと思いますが、できる限り運動療法を行ってカロリー消費を増やしたいところです。

運動療法は中性脂肪の増加を防ぐだけでなく、ストレス解消・体重増加の予防・便秘予防などにも効果があります。

過度な食事制限は絶対にいけません

妊娠中に絶対にやってはいけないのが、過度の食事制限になります。

なぜなら妊娠中は赤ちゃんの身体を作らなければならないため、最低限のエネルギーを貯めておく必要があるからです。

赤ちゃんに送られる栄養が少なすぎると、胎児の生育に異常をきたし、奇形児などが生まれてしまう原因になります。

もちろん食べ過ぎも良くないのですが、過度の食事制限は絶対にやめましょう。

妊婦さん向けのマタニティ運動もあります

消費カロリーを増やすには、積極的に有酸素運動を行いたいところですが、おなかにいる赤ちゃんのためにも無理は禁物です。

ですので、妊娠中に行う有酸素運動は、負担の大きいランニングではなく、ウォーキング程度でも十分です。

<妊娠中のウォーキングのポイント>

  • 歩く際は骨盤の動きに注目し、骨盤まわりの筋肉を意識する
  • 左右の腰を突き出し、しっかりと足を踏み出すように歩く

もっとも負担が軽い簡単な運動法として、腹式呼吸がオススメです。

腹式呼吸は酸素を多く取り込むことができるため、お母さんだけでなく、赤ちゃんにとっても良い影響をもたらします。

この腹式呼吸は他の運動を行う際にも生かせますし、分娩時にも呼吸法が役立ち、お産がスムーズに進みやすくなります。

<腹式呼吸のポイント>

  • お腹の中の空気を全部吐き出すように、20秒くらいかけて息をゆっくりと吐く。
  • 同じく20秒くらいかけて、お腹が膨らむことを意識しながらゆっくりと空気を吸い込む。

また妊婦さん向けに負担を減らした運動も考案されており、水泳やエアロビクスを行う場合には、マタニティスイミングやマタニティビクスといった選択肢もあります。

マタニティスイミングは安定期に入る16週以降から行うことが多く、ジムやスイミングスクールでも16週以降から開始する場合がほとんどです。

マタニティ運動を始める場合は、必ず産婦人科の先生に相談した上で行うようにしましょう。

出産後こそが、中性脂肪対策の本番です

出産後は中性脂肪が減っていく傾向にありますが、念の為に血液検査で脂質を測定して、数値が低下していくことをしっかりと確認しましょう。

しかし、中性脂肪対策はそこで終わりではありません。

今度は授乳によって中性脂肪が乳児に直接渡るので、出産後も中性脂肪を低くしておく必要があるのです。

また若い女性はエストロゲンという女性ホルモンの働きによって、コレステロールが高くなりにくいですが、閉経を迎えると女性ホルモンの分泌が減少するため、中性脂肪が急に増加してしまいやすいです。

中性脂肪を下げる対策は、妊娠中だけでなく出産後も続けていくことが大切なのです。

妊婦さんの中性脂肪を下げる方法~妊娠でコレステロールが増加する理由~ はコメントを受け付けていません。 中性脂肪を下げる方法